結婚を挙げるなら|神社挙式とホテルでの式の違いを知っておこう

日本古来の結婚式を

日本人だからこそ選ぶ理由

カップル

結婚式といえば、ウエディングドレスとタキシードで教会で行うものだというイメージがあるものですが、近年では着物姿で神社挙式を選択するカップルが増えてきています。
神社挙式をあげるカップルがメリットとしてあげているものとしては、和装を楽しむことができる、日本の伝統的な挙式をあげることができる、これまでの結婚式では「花嫁が主役」であったけれど、新郎が主役となる場面がある、というものがあります。
神社挙式では必ず和装でなければいけないという制約はありませんが、花嫁の白無垢や打掛、新郎の袴姿など、普段は目にすることがない姿を見ることができます。
特に花嫁は、神社挙式で白無垢や打掛を着て、大勢の友人や会社の関係者を呼ぶ披露宴ではウエディングドレスを着ることができるという点も魅力だと感じているようです。
また、日本人に生まれたのだから、と、日本伝統の神社挙式に憧れを持っている人も少なくありません。
神社で行われる結婚式は年配の親類にも認められやすいというメリットや、多くの観光客や参拝者に見られることもあり、その際に「おめでとう」という声をかけてもらえるのも人気の理由の一つになっています。
そして、これから家族を持ち、一家の大黒柱となる新郎が神様に向けて結婚の誓いを述べる儀式がありますが、新郎の頼もしい姿を見たいという花嫁も多いです。
他にも神社挙式ならではの生の雅楽の演奏や、巫女の舞の評判も良く、一度神社挙式に参列すると「自分も結婚式をあげるならば神社で」と考える人たちが少なくありません。

行うためには

神前式

結婚式にはいくつかの種類があります。
以前は洋式の結婚式が人気がありましたが、神社挙式も注目されています。
神社挙式を行う場合には、選択肢としては神社挙式を行っている神社に直接依頼する方法と神社挙式をプロデュースしている業者に依頼する方法があります。
神社挙式の流れとしては、フルコースとしては、参進の儀、入場、修祓の儀、祝詞奏上の儀、三々九度の盃、指輪の交換、誓詞奏上、玉串拝礼、巫女の舞、親族盃の儀、斎主挨拶、退場といったものです。
省略したものとしては修祓の儀と祝詞奏上、三々九度の盃、誓詞奏上、玉串拝礼といったケースもあります。
また雅楽の演奏も神社によって行うか行わないかが変わってきますし、また衣服に関しても神社で変わってきます。
このため平服でも神社挙式を行えるところもありますし、また和服にこだわる必要もなく洋服やドレスでも良いところもあります。
基本的に神社挙式で重要とされるのは、その神社に祀られている神様への報告といったものであり、その他は比較的自由な傾向にあります。
もちろん神社によっては明確にしているところもあるので、ちゃんと神社がどのようなスタンスであるのかを理解するのが失敗しないためにも重要です。
また反対にこの自由さが神社挙式をわかりにくくしている部分でもあり、対応している業者も少ないのが実状です。
神社挙式の業者選びとしてはプロディース能力や神社での仕来りを十分に理解しているところが重要になってきます。

ホテルの神前式との違い

新郎新婦

和婚に憧れる人にとっては、神前式で白無垢を着ることを目的にしている人が少なくありません。
神前式を行うためには、ホテルや結婚式場でも行うことができますし、もちろん神社で行うこともできます。
ホテルや結婚式場には神社から分祀されているため、建物は神社ではありませんが立派な神前式と言えます。
神社によって祭られている神様が違うように、ホテルや結婚式場によって迎えられている神様も違います。
ホテルや結婚式場を選ぶ場合には分祀されている神様によって選ぶということはあまりありませんが、神社を選ぶ場合には祭神によって決める人もいます。
神社挙式を選ぶ場合のメリットは、何といっても厳かな雰囲気の中で式を行うことができる点です。
ホテルや結婚式場ではどうしても暗い感じになりがちですが、神社であれば暗くても厳かに見えます。
その分だけ神社挙式の方が思い出になります。
一方で、ホテルや披露宴の神前式を選ぶ場合には、神社挙式に比べて全体の動きが簡単ですので気が楽です。
移動も建物の中だけで済みますが、神社挙式の場合には自分でタクシーやマイクロバスを借りて移動しなければなりません。
同じ建物内の方が、衣装を着替えることも簡単ですし、参列者も無駄な時間がありません。
当日のことだけを考えると、どうしても神社挙式は大変なことが多くなりますが、一生に一度のことですから、自分たちにとって最善の方法で挙式を上げることが将来的にも大切です。