結婚を挙げるなら|神社挙式とホテルでの式の違いを知っておこう

様々な挙式の形態

挙式に憧れるもの

新郎新婦

最近の結婚式は様々なバリエーションで行われることが増えています。
以前は、ホテルや結婚式場で挙式から披露宴までを行うことが一般的でしたが、実際の神社や教会で挙式をして、別の場所で披露宴を行うというケースが増えています。
ホテルや結婚式場の中で神前式を行ったり、チャペルで挙式したりするのは、移動は楽ですが味気ないものもあります。
そのため、神社挙式や教会挙式が増えていると考えられます。
神社挙式にしても教会挙式にしても、外部で挙式を行うことになりますので、自分たちにとって特別な神社や教会があるのであれば、迷うことなくそこで挙式することがお勧めです。
神社挙式をすべきか、教会挙式をすべきか迷っている場合には、やはり最終的には当事者の気持ち、特に花嫁さんの意見を重視することが大切です。
ただ、挙式は両家の結びつきのために行うものですから、新郎新婦双方の家族に事前に相談したうえで決めていくことが大切です。
神社挙式をする場合の主な理由は、日本人なので着物を着て神社で挙式したかったという和婚への憧れがもっとも多いです。
また、当事者だけでなく両親や祖父母のことを考えて、伝統的な形式を求めて神社挙式を選ぶことも多いです。
一方で、教会挙式を選ぶ主な理由は、ウエディングドレスを着てバージンロードを歩きたかったというものです。
ホテル内のチャペルでもできますが、本当の教会であれば雰囲気はさらに高まります。
また、みんなが参列できるという理由も多いようです。

和で厳かに

ハート

近年はキリスト教式の挙式スタイルが一般的になってきていましたが、最近、和風の挙式を求める人が増え、神社挙式が注目されています。
神社挙式は、日本の伝統を大切にした、厳かな挙式が挙げられるスタイルといってよいでしょう。
神社挙式を行いたい場合は、まずその神社で挙式を行えるかどうかを確認しましょう。
大きな神社であれば、挙式と会食、披露宴が同じ敷地内で行えることもあります。
披露宴が行えない神社であれば、近所に会場があるかどうかを確認する必要があります。
東京でも神社挙式ができる場所はたくさんあります。
人気の神社としては、湯島天神や牛嶋神社、浅草神社などがあります。
湯島天神は、江戸の三大天神のひとつで、樹齢250年の総檜造りの社殿、舞や雅楽の生演奏など、厳かで由緒ある雰囲気が味わえるのが特徴です。
駅からもアクセスの良い場所にあることもポイントとなっています。
牛嶋神社も、860年に創建された歴史のある神社です。
総檜権現造りの大社殿も特徴です。
東京スカイツリーにも近い神社で、そのロケーションも人気があります。
浅草神社は、重要文化財にも指定された由緒ある神社で、観光名所でも有名なことから、遠方からくる招待客にも喜ばれますし、華やかな雰囲気で挙式できることが特徴です。
人力車での演出もあり、浅草神社ならではの挙式ができます。
最近では、神社挙式ができる神社を紹介、予約ができるブライダルサロンも増えてきています。
希望する挙式が叶う神社を見つけやすいのでおすすめです。

基本は親族のみが参加

花嫁

最近の結婚式は、ウェディングドレスを着て行うチャペルウェディングが主流になっています。
しかし日本古来の作法にのっとった神社挙式も今なお根強い人気があるのです。
花嫁の白無垢の打掛姿はウェディングドレスとはまた違った趣があります。
神社挙式は、新郎新婦だけでなく両家の親族の結びつきを確認する結婚式です。
そのため神社挙式に参列するのは新郎新婦の家族や親戚が基本となります。
そのほかの招待客は別の披露宴会場で新郎新婦を待つことになります。
神社挙式が終わったら花嫁、花婿のほか参列者は貸切バスや車などで披露宴会場に移動します。
中には神社のなかに披露宴ができる会館などを設けているところもあります。
披露宴では新婦はウェディングドレスをお色直しに着用することもあります。
衣装だけでなく、メイクも洋風に変えることで参列者は花嫁の新たな魅力を発見することができます。
披露宴での食事は神社挙式だからといって和食だとは限りません。
和洋折衷やフランス料理、中華料理など様々なタイプを選べます。
しかし招待客は幅広い年代がそろうので和洋折衷にすることも多いようです。
披露宴が終わったあとは仲間うちで二次会などをすることもあります。
2次会は同じ会館内や別に会場を移す場合もあります。
2次会は会費制でバイキング形式にするケースも増えています。
これは会社帰りの人なども参加することもあり、服装にはこだわらず楽しめる会となります。
また引き出物ではなく記念品が参加者に配られることもあります。