結婚を挙げるなら|神社挙式とホテルでの式の違いを知っておこう

京都の神社で憧れの和婚

著名な観光スポットが式場

新郎新婦

式場となる神社を自由に選べるのが、最近の神社挙式のスタイルです。
京都の神社は、神社挙式の式場として全国的に注目されます。
京都には、世界から観光客が訪れるような有名な神社が点在していますので、神社挙式を叶える場所としては非常に良い環境です。
神社挙式の式場としてリストに挙げられているのは、いずれも観光客が頻繁に訪れる有名な神社です。
特に人気が高い神社は、社殿に大きな特徴が見られます。
国宝や文化財に指定されている社殿で行う神社挙式は、新郎新婦にとっても非常に感慨深いものです。
このような京都の神社には、大抵色々な植物が配されていますので、季節ごとに移り変わる自然の息吹が感じられるのも、独特の魅力と言えます。
どの神社を選ぶかによって挙式の費用が変わる点は、神社挙式をする上で大切になるポイントです。
利用料金は、3万円から30万円前後まで幅があり、挙式費用を見積もる上でも神社の選び方は大きな影響力を持ちます。
約10万円ほどの費用を出せば、かなり有名な神社を式場として選ぶことが出来ます。
観光スポットとして有名な京都の神社は、数々のご利益があることでも知られます。
祀られている神様によって、恋愛や結婚、学問などにまつわるご利益が得られます。
このような神社で神社挙式が出来れば、新生活をスタートするに当たっても大変縁起が良いです。
訪れるだけでパワーがもらえるような神社もあり、生活面でのご利益にも期待が持てます。

ホテルなどでも開催できる

男性と女性

結婚式といえば、教会でキリスト教のように行う事が一般的なのですが、最近では昔の良さを取り戻すかのように神社挙式が多くなっています。
日本古来の結婚式の方法と思われがちですが、神社挙式の歴史は明治時代からと比較的浅いのです。
しかし日本の文化を取り入れた独特の儀式と落ち着いた雰囲気が人気になっています。
神社挙式は神社で行う必要はありません。
最近ではホテルや結婚式場でもきちんと設備を整えていますので、神社挙式は披露宴会場と同じ場所でも開催が可能になっているのです。
もちろんホテルには教会やチャペルなども準備されていますので、どのようなスタイルの結婚式でも開催することができるようになっている便利さがあるのです。
会場探しは本格的に神社で行うのであれば、人数などを綿密に相談しておく必要があります。
ホテルなどは人数の大小を自由に調整することが可能なつくりになっているケースが多いのですが、神社はそのようなつくりにはなっていません。
きちんと収容する人数に対して調査しておくことが大事になります。
また、もともと結婚式を行うような作りになっていないことが多いため、設備などレンタルなど費用が別途かかるケースがあります。
パックになっているのは結婚式場やホテルなどを利用すると便利になっているのです。
車で会場に来る人などを考慮するとホテルや結婚式場を選ぶのが間違いのない方法になっています。
アドバイザーなどの意見を参考にして決めることが大事なのです。

玉串拝礼がクライマックス

神社仏閣

神社挙式は、キリスト教式とは違い、古式にのっとった一連の儀式があります。
それゆえ、より心が引き締まり、結婚をしたという実感もひとしおに感じられるでしょう。
神社挙式では、まず、雅楽の調べと共に巫女や斎主に先導されて本堂まで移動する、三振の儀から始まります。
新郎新婦、親族の親、親族の順で入場し、その後に、三振の儀に参加していない親族や友人が入場します。
次に、心身を清める修祓の儀が行われます。
全員が起立し、お祓いが終わったら、全員が着席します。
そして、二人の幸せが永遠に続くよう、神主によって祝詞がささげられる祝詞奏上の儀が行われ、大中小の3つの盃でお神酒を飲み、夫婦の契りを交わす三献の儀が続きます。
俗に、三々九度と呼ばれる儀式です。
その後、新郎新婦が誓いの言葉を読み上げる誓詞奏上があり、指輪の交換となります。
最後に、榊の枝に紙垂をつけた玉串を神殿に捧げる玉串拝礼が終わると、二人を祝福するために巫女の舞が行われ、巫女によるお神酒が親族に注がれ、一斉に3回で飲み干す親族盃の儀となります。
斎主のあいさつの後は、退場となり、その後記念撮影となるのが一般的です。
神社挙式では、女性は白無垢に日本結や綿帽子、男性は五つ紋付羽織袴が一般的ですが、ドレスを着ての挙式がOKのところもあります。
時代と共に、和洋折衷のスタイルを取り入れる神社も増え、より親しみやすい式が行えるようになっています。
一生に一度の結婚式を、由緒正しい神社挙式で行ってみてはいかがでしょう。