結婚を挙げるなら|神社挙式とホテルでの式の違いを知っておこう

和風結婚式に招待された時

服装のマナーを考える

ハート

神社は日本を代表する宗教施設であると同時に、結婚式場です。
神社挙式に招待された場合、まず考えたいのは服装です。
神社挙式と言えば着物を着用すると考えがちですが、洋装でも問題ありません。
教会の挙式と同じように過度な露出は避けてパーティードレスを着用します。
また死を連想させる毛皮製品は避けるようにしましょう。
洋装でも和装でもお祝いの気持ちを込めて華やかな色のものを選びます。
女性であれば花嫁と被る白い服装は避けるのがマナーです。
神社挙式の際に気をつけたいのが足下です。
こうした結婚式では靴を脱いで神殿に上がることがありますから、見られても恥ずかしくないストッキングを履いて行きましょう。
自分自身がホストの側に立って神社挙式をする際は、場所選びにこだわりましょう。
神社は歴史深い場所ですから、その場でしか見られない演舞を行ってくれる結婚式場があります。
こうした神社を選べば海外から参列者を招いても思い出に残る結婚式になるのです。
また考えたいのが方向性の問題です。
神社挙式は行いたいけれど和風の髪形は嫌だと言う場合、和洋折衷のサービスを取り入れている神社を探すと良いでしょう。
このような神社であればパーティードレスやウェディングドレスで式を執り行えますので、洋風の髪型を選択できます。
またこうした神社挙式では披露宴で和洋折衷のメニューを提供できるのが魅力的です。
参列者の年代が幅広い場合、様々な人達に喜んでもらえるでしょう。

披露宴の有無も考慮

赤い糸

神社挙式は近年、年齢を問わず人気のスタイルになっています。
日本人が古くから行ってきた伝統的な挙式のスタイルであり、和装婚をしたい人から支持されています。
披露宴会場を併設している神社とそうではない神社とがあるため、神社挙式を希望する場合にはどのような披露宴や挙式を行いたいのかを明確にしておくとよいでしょう。
芸能人なども神社挙式を行ったことによって、人気の神社は1年以上前から予約をしておかないと希望の日時に予約が取れない場合があります。
神社挙式を行いたい神社が予め決定している場合には、早めの予約がお勧めになります。
まずは直接希望の神社に問い合わせを行うか、神社挙式を専門で取り扱っているウェディングデスクなどに出向いてみることをおすすめします。
専門のデスクを利用すると全国各地の神社挙式から希望する挙式会場を探すことができます。
また、挙式は和装であっても披露宴は洋装がよい場合には、ドレスをどれだけ取り扱っているかを確認してみましょう。
希望の和装、洋装のどちらも可能な挙式会場を探すことで、思い通りの挙式と披露宴が行えます。
日本人ならではの挙式ができるのが神社挙式の魅力であるため、ロケーションなども含めて好みの会場を探しましょう。
近年、家族だけの挙式などを求める人も増加していますが、神社挙式はこうしたニーズにも応じてくれる場合が多いです。
食事会などのセットで行えるため、自分たちらしいスタイルを探しましょう。

露出を控える

男の人と女の人

神社挙式は、日本の伝統的な結婚式の形です。
新郎新婦は、神社に祀られた神様の前で結婚の誓いをします。
最大の魅力は、歴史ある神社で式を挙げられることです。
中には、重要文化財に指定された神社で挙式ができることもあります。
神社挙式には、伝統ある和の雰囲気の中で厳かに式を挙げる趣があります。
神社挙式の際、新郎は黒の紋付羽織袴を着用します。
黒羽二重五つ紋付が、男性の和装第一礼装です。
これは古くから特別な日に着用するものです。
新婦の花嫁衣装は白無垢です。
身につける小物を白一色にそろえ、綿帽子もしくは角隠しを被ります。
白は、花嫁の純潔を意味しています。
結婚式を終えると、披露宴では色打掛を着ます。
これは結婚した証で、これから嫁ぎ先の家風に染まっていく意味を持ちます。
新婦の綿帽子には、挙式が終わるまで他の人に顔を隠す役割があります。
このように花嫁衣装の一つ一つに、結婚への深い意味が込められています。
神社挙式の列席者は、和装でも洋装でも差し支えありません。
マナーは、神社挙式以外の式に列席する場合と同じです。
男性は正装、または準礼装が適しています。
その際、両家の父よりも控えめになるよう心がけます。
女性も同様です。
着物で参列する際、未婚か既婚かによって振袖や色留袖を着用します。
洋装で出席する場合、一般的な結婚式への参列と同じように、肌の露出を控えた目立たない服装にします。
神社挙式には、厳かな雰囲気の中で日本古来からの衣装を身にまとう良さがあります。